岐阜県瑞穂市にある整体院STYLE+1(スタイルワン)

足のむくみの原因は疲労回復ができてない!?おすすめストレッチ紹介

足のむくみの原因は疲労回復ができてない!?おすすめストレッチ紹介

足がむくむと…夜も眠れなし着圧のソックスは必須!!疲れすぎて身体がだるい・疲れた…と感じたりする人も多く、そのような方は眠りも浅い。

女性の足のむくみの悩みは多く、スタイルワンでも足のむくみの原因などの相談はよく受けます。

その原因の8割は疲労からの回復が充分にでできていない可能性があります。身体は血液循環が悪くなると、「伸びたり」「ストレッチ」することで、その蓄積された疲れを和らげようとします。

疲労が溜まりすぎていると、なかなか身体は疲労から回復するのに時間がかかるケースも。

そこで今回は、足のむくみを解消するために疲労が回復する、おすすめストレッチをご紹介したいと思います。

ストレッチが疲労回復にいい理由は?

ズバリ!血液循環が良くなるから。これがストレッチが疲労回復にいい理由なのですが、細かく言えば他にも理由はたくさんありますが…

本質について考えたときに、やはりここにたどり着くのです。

ストレッチをすることで、血液循環が良くなり疲労物質を流してくれます。そうすると蓄積された疲労はどんどん回復する傾向に。

しかしながら忙しいとどうしても、自分のことは後まわしになる人も…

足のむくみ解消!疲労回復する、おすすめストレッチ

今回ご紹介する足のむくみのおすすめストレッチで大切なポイントは順番です。
順番通りやることで効果ありますから、その理由はまた後で。とりあえず、この流れでストレッチをやってみてください。

⑴疲労回復ストレッチ:ハムストリング〜ふくらはぎ

①仰向けに寝た状態で膝裏を抱えて、ハムストリングがつっぱるぐらい引き寄せる
②つっぱりを感じたところで両手でキープ
③足首を時計回り、反時計回りに回す
④足首を前後に回す
※ハムストリングやふくらはぎがビーーン伸びる感覚があればOK
⑤片足15秒ずつor足首でアルファベット(A~Zまで)を書くのもいいでしょう

⑵疲労回復ストレッチお尻のストレッチ

①脚を組むようにセットして膝を胸に近づける
②胸に近づける距離や角度で、微妙に効く部位が変化する
③60秒程度持続できたら、逆側も

⑶立った状態で前屈/後屈運動

①肩幅に脚を開き、膝はやや曲げ、もも裏が伸びるのを感じたらキープ
②キープした状態から小刻みに揺れて、もも裏に効いているのを感じる
③ゆっくり身体を起こし、仙骨を支えるよに後ろへゆっくり身体を反る
④5回〜10回やりましょう

3)一つ一つの背骨の間隔を広げてから反り返るとより綺麗なカーブを描いて反ることが出来ますし、腰への余計な負担が減ります。

まとめ|疲労回復すれば足のむくみも改善?

このストレッチをやることで、足のむくみが改善され疲労回復に効率がいい、おすすめストレッチです。

なぜこの順番に意味があるかというと、身体が疲弊してくると足の血液循環が悪くなるためです。

年齢とともに血液を心臓に送る機能も弱ってくるで、そこでより血の巡りをよくするために、寝てやることがおすすめストレッチなのです。

プラス@で足首をぐるぐる回したりアルファベットを書いたりすることで、ふくらはぎの筋肉を使い、ポンプ機能もUP。

血液が上半身にまわる状態を作ったらその血液がより全身に回るようにします。そうすることで、酸素が取り込まれた血液が全身に巡るのです。これが立ってやる理由ですね。

たかがストレッチされどストレッチ。多くの人がやっていストレッチですが、目的や順番を意識することで効果が変わってきます。

疲労回復できていないのはもしかしたら…身体の仕組みの根本をを理解できていない可能性も。

原因を理解し、より効果を上げるためにも順番を意識してやってみてください。

LINE@でSTYLE+1とお友達になる

友達検索画面入力にて → @csk8469z

ラインバナー

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)